介護職員が知っておきたい社会福祉と福祉の仕事

介護福祉士について

介護福祉士という資格は、1987年に制定された社会福祉士及び介護福祉士法にもとづく国家資格です。
「ケアワーカー」とも呼ばれ、介護などの社会福祉業務にかかわります。

 

介護福祉士が誕生した背景についてさかのぼっていくと、1963年に制定された老人福祉法に行き着きます。
老人福祉法は社会福祉六法のひとつとして数えられている法律であり、老人の健康と生活の安定を目的として必要とされる措置について定めています。

 

そこで在宅福祉としてのショートステイやデイサービスなど、施設福祉としての特別養護老人ホーム、生活施設としての有料老人ホームなどが定められました。
特別養護老人ホームは正式には介護老人福祉施設といい、病気や障害があるために自分の力で在宅して生活することが難しい人を対象として、施設へ入所することがより望ましいと判断される場合に利用されます。

 

当初は施設内で高齢者のケアにあたる役割を担う人のことを「寮母」と呼び、その業務が介護ということになっていました。
現在でいう介護とは言葉の定義がやや異なっていて身体、精神上に著しい障害を持っている人に対して行われる身のまわりの世話を指していました。

 

それから少子高齢化が進んだことにともなって介護の必要も飛躍的に増加し、介護にかかわる専門職の必要からあらたな法律が制定されたのです。
介護は福祉の一環として看護などの分野ともかかわりながら、固有のものになっていったということもできます。

 

介護福祉士は名称独占資格であり、特別養護老人ホームのほかにもデイケアセンター、介護老人保健施設、病院などでも活躍しています。
試験に合格することで得られた専門的な知識や技術によって、要介護者に対してその状況と合わせた介護を行います。

 

それとともに、要介護者本人や介護をする家族へ向けての指導にもあたります。
ただその役割は非常に重要なものであるのですが、介護福祉士の待遇については必ずしも職責の重さと見合ったものになっていないところもあるのです。

 

人員の確保が十分なものになっていない状況の中で労働環境が整っているということはできず、現場に入った人が離職するケースも少なくありません。
介護施設における離職率は、すべての労働者を対象にしたそれよりも高い数字で推移しています。

 

そのような中でより質の高い介護サービスが提供される必要もあることから、介護福祉士として資格を取得するまでの道のりについても見直しがなされました。
一層の資質が求められるということで教育過程を課すこととなり、実務経験がある人であっても3年以上になる実務経験とともに、6ヶ月間にわたる実務者研修を受けることが義務になっています。

 

平成24年度から平成27年度にかけてがその移行期となっていて、2016年1月の試験からは介護福祉士養成施設を卒業した人に対しても国家試験が義務づけられることとなりました。
さらに上級の資格として、認定介護福祉士の新設も検討されています。