介護職員が知っておきたい社会福祉と福祉の仕事

介護福祉士が活躍する場

介護福祉の専門職である介護福祉士は社会の高齢化が進む中、その活躍する場を確実に広げています。
そのフィールドは、大きく高齢者分野と障害者分野に分けられます。

 

高齢者分野としては介護保険法にもとづく介護サービスである居宅サービス、施設サービス、地域密着サービスが挙げられます。
居宅サービスでは、在宅やデイサービスで介護保険を利用している利用者に対して身体の介護や家事の代行がなされ、介護福祉士はホームヘルパーとして実務にあたります。

 

施設サービスでは老人保健施設や特別養護老人ホームなど、地域密着サービスでは認知症を発症している高齢者に向けたグループホームも職場となっています。
スキルやキャリアがある人は、サービス提供責任者といった役職を任される場合もあります。

 

必ずしも直接現場での実務にあたるだけでなく、管理業務というかたちで介護福祉にたずさわっているケースもあるのです。
障害者分野としては障害者自立支援法にもとづく身体障害者療護施設、重症心身障害児施設などの職場があります。

 

さらに自治体や医療機関、市町村社会福祉協議会などでも介護福祉士の資格を持っている職員は勤務しています。
自治体の行政機関においては住み良い地域社会、環境づくりといった分野で介護サービスを必要としている人とのかかわりが求められます。

 

医療機関ですと入院中の患者さんに対するケアが必要とされていて、一般病院では入院期間の短縮が進んでいることもあって、回復期リハビリテーション病院や療養型病床などで人材が必要とされています。
病院では、看護師との連携が重要となります。

 

そのほか仕事としては介護相談にあたる場合もありますし、介護サービス全体が円滑に提供されるようにほかの機関との間での調整役を担っているケースもあります。
介護福祉はチームによって提供されるものであり、個人ごとに方針を共有した上で同じ方向性の援助が行われなければなりません。

 

介護職という単位でひとつチームになっていて、介護福祉にかかわる看護職、理学療法士、作業療法士、栄養士などといったさまざまな職種のスタッフを含めてもうひとつ大きな枠組みでのチームがあります。
さらに、介護職がそのハードさから離職する人の少なくない仕事であるということもあって、後進の育成も急務となっています。

 

実習生やボランティアの指導、実務研修の企画立案、介護福祉士指定養成施設の教員などといった仕事でも、現職の介護福祉士が活躍しているのです。
厚生労働大臣による指定を受けている介護福祉士養成校を卒業すると、同時に介護福祉士の国家資格が得られることになります。

 

介護福祉士の仕事は、キャリアを重ねていくことによってさらに幅も広がるものです。
ホームヘルパーの養成といった仕事には、介護福祉士の資格を取得してから5年以上にわたる実務経験がなければなりません。

 

介護福祉士指定養成施設の教員であれば実務経験に加え、介護教員講習会修了書も必要とされます。